はいさいー!

よーさんですー!

 

本日はなぜだか午前中で仕事終了!

全くめどすら立ってないので

なんで?と思ったら労働時間の関係らしい。

 

そりゃそうだ!!と思いつつ

退社してきましたー!!

 

たまにはこんな日もいいねー!

 

さて今回は、

地図から消された島と言われていた

大久野島を紹介していきたいと思います!

 

毒ガス実験や心霊現象など色々と

曰くのある島みたいなんですが、

どんな島なんでしょうね?

 

それではいってみましょうー!

大久野島ってどこにある?

 

 

さてまずはここからなんですが、

大久野島って聞いた事のある人や

その島に縁のある方は知ってると思いますが、

 

僕の様に知らない人も多いと思うんですね。

 

地図から消された島というふうにも

言われているんですが、

その場所を調べてみると、

 

 

地図で見るとこの位置にあって、

瀬戸内海芸予諸島の一つで、

広島県竹原市に属する有人島の一つだそうです!

 

2010年の時点で人口が22名という

情報がありましたが、民家はなくて全て

施設の従業員なんだそうです!

 

一般車両は通行不可となっているらしく

結構不便なのかと思いきや、

Wi-Fiなどはしっかり繋がるみたいですね!

 

島の面積が0.7km2 と小さい島なんですが、

地図から消された島という言われ方以外にも

「うさぎ島」と言われたりしてるみたい。

 

そんなうさぎ島の由来を調べてみました!

 

うさぎ島と言われる由来は?

 

うさぎ島ってどっかで聞いた事が・・・・

と思って記憶を辿ってみると、

沖縄にもあるんですよね!

 

「うさぎ島」

 

島の名前は「カヤマ島」というんですが、

こちらは無人島となっていて夏季限定だと

思うんですが、ツアーで島に行って、

スノーケルなどが楽しめるそうです!

 

さて少し脱線してしまいましたが、

大久野島が「うさぎ島」と言われるように

なった理由なんですが、調べてみると、

 

島外の学校で飼われていた8羽ウサギを

1971年に大久野島に放した所、

その数が爆発的に増えていったことから

「ウサギ島」と言われるようになったそうです!

 

 

毒ガス実験の後遺症って?

 

 

うさぎ島という可愛い名前のある

大久野島なんですが、その歴史の中で

毒ガス実験をしていたという話があるんですね。

 

これは戦時中の話となるんですが、

地理的に条件が良かったという点から

毒ガスの製造をすることになったんだそうです。

 

この毒ガス製造は極秘となっていたので、

陸軍が発行した地図にはその場所が記載

されてなかったんですね。

 

だから、「地図から消された島」

というふうにも言われているみたいですね。

 

しかも、そこで働かされていたのは

まだ16~17歳の未成年がほとんどで、

安全性も労働環境もかなり酷かったという

情報がありました!

 

そんな中で働かされるもんだから

もちろん健康面でもかなり被害が

出たらしく、

 

毒ガスの製造の後遺症として

肺炎、慢性気管支炎、呼吸器官系の癌

などの病に悩まされる人が多くいるそうです。

 

そもそも製造してた毒ガスが

どんなものかと気になって調べてみると

 

・インペリット

皮膚についただけでただれる

発がん性がある

 

・ルイサイト

インペリットより強力で即効性がある

毒ガス

 

・ジフェニルシアノアルシン

気道や目を強く刺激して催涙効果がある

別名「嘔吐剤」とも言われている

 

・クロロアセトフェノン

催涙スプレーにも使われていて

目に入ると激しい痛みを感じる

 

・青酸ガス

大量吸引や即死につながり

少量でも嘔吐や目眩がする

 

こんな危険なものを

まだ未成年だった少年達に

製造させていたんですね。

 

いくらお国の為と言っても

今では考えきれないです。

 

やっぱり戦争っていうのは

起こっちゃいけないんですよね。

 

得をする人なんていない。

ましてや一般市民なら損しかしない

戦争はするもんじゃないと思いました。

 

立ち入り禁止の場所って?

 

そんな暗い過去を持つ大久野島ですが、

関連キーワードに「立ち入り禁止」という

のがあったので気になって調べてみました!

 

そもそも毒ガス製造をしていた島なので、

立ち入り禁止の区域があっても

不思議ではないのですが、

 

どんな場所が立ち入り禁止に

なってるか調べてみると、

 

長浦貯蔵庫、発電所跡、その他貯蔵庫跡

砲台跡の一部

 

となっていました!

 

建物の老朽化が原因というのも

あるんですが、土壌汚染されている

場所もあるそうです。

 

製造されていた毒を処分する際に

海洋処分、焼却処分、地中処分など

したことから今でも地中4~5mでは

高濃度のヒ素が検出されているみたいですね!

 

興味本位で立ち入り禁止区域に入る人も

いるみたいですが、完全に自己責任になるので

「入っちゃダメ!」って言われてる所には

入らない方がいいですね!

 

[ad#co-1]

[ad#co-2]

心霊廃墟も気になる!

 

さぁこれも僕的に気になったので

調べてみました!

 

廃墟なども多いし歴史的には

心霊現象があっても不思議ではない

のですが、どんな現象があるのか

調べてみると、

 

・兵隊さんを見た

・防毒マスクの兵士を見た

 

などやはり兵士にまつわる話が

多い感じがしました!

 

施設での心霊現象などの話は

ありませんでしたが、

やはり心霊写真などはあるみたいですね。

 

某霊能力者によると、

 

歴史にフタをせずに事実は事実で

残してあげると、ここで苦しんだ人達

の心も浮かばれて、浄化が早くなる。

 

という事でした!

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

こんな島があったという事が

僕的には衝撃だったんですが、

何よりも驚いたのが、

 

製造に携わっていたのが

16~17歳の未成年だったという事ですね。

 

戦争は全てを奪うと言われていますが、

ホントにそうだなと調べていて思いました。

 

こんな悲しい事を繰り返さないように

したいですね。

♪こちらの記事も読まれています♪