はいさいー!

よーさんですー!

 

いやー。本日仕事が休みで

久々にゆっくりとした朝が迎えられています。

 

いつもならバリバリ働いてる時間帯・・・。

たまにはこういうのもいいですね!

これでアルコールが飲めればもっといいのに。

 

タバコは吸うけどお酒は飲めない僕です。

 

さて今回は、

鬼神病という何やら聞き慣れない

病気について調べてみました!!

 

名前を聞く分には発症すると

暴走しそうな病名なんですが、

どんな病気なんでしょう?

鬼神病とは?症状も気になる!

 

 

聞くからになんだかヤバそうな

病名なんですよねー。

 

これは北朝鮮の

咸鏡北道吉州郡豊渓里周辺で

流行っている病で、

 

主な症状として挙げられるのが

 

・原因不明の頭痛

・体重減少

・感覚機能の低下

・不眠症

 

などで、しっかりとした病名が

あるわけじゃなくて、現地の人が

そう呼んでいるんだそうです。

 

病院に行っても「原因不明」と

言われ、処方された薬を毎日かかさず

飲んでも解消しない。

 

こういった背景から占い師を訪ねる人

もいるみたいですね。

 

今でも祈祷師に病気を治療してもらう

という国などがあるとは思うのですが、

こんなに近くの国でそんな事が行われている

とは思いませんでした。

 

祈祷師がいくら願ったとしても

病気が善くなる訳はない。

 

これは北朝鮮で鬼神病を患ってしまった

人達も分かってると思うんですが、

こういう所に頼る他ないという現状

なんでしょうね。

 

さてこの鬼神病なんですが、

その原因というのが気になったので

調べてみました!

 

原因は?

 

 

さて気になる鬼神病の原因なんですが、

 

北朝鮮というフレーズを聞いて

気付いた人も多いかと思いますが、

原因は過度な核実験だと言われています。

 

しかもですよ、北朝鮮政府はその事実を

分かっていながら住民には知らせていない

んですね。

 

だから未だに原因が分かってない人もいるし、

現地を脱北した人が韓国などで放射能が原因だと

知るというパターンが一番多いみたい。

 

要するに、その地域に居る限りは

鬼神病の原因も何も知らずに生活している

んですよ。

 

キム親子や朝鮮労働党委員長が

現地を視察したという報道が1度もない

所をみると、自身の健康が害されると

分かっているから近付かない。

 

というふうに受け取って間違いないでしょう。

 

こうやって見てみると北朝鮮の人達が

一番の被害者という感じもしますね。

 

誰が得するかも分からない

軍事的な理由で病気になったのに

国から知らされる事もない。

 

ましてや日本のようにお見舞金が

出る訳でもない。

 

こういう事ってホントあっちゃ

いけないと思います。

 

一個人の力でどうにか出来る問題

でもないですが、やはり戦争が生み出すのは

悲しみと憎しみ意外の何者でもないなぁと

思いました。

 

さて、原因が分かった所ですが、

この鬼神病って原爆の落とされた

日本でも発症例があるのか気になったので

調べてみました!

 

日本での発症例はある?

 

核実験での放射能が原因となると

日本もその症状と当てはまるものが

あるんじゃないかと思い調べてみると、

 

日本には原爆症というのがありました。

 

多く見られた症状としては

体にだるさを感じた後、目が見えなくなったり、

節々に痛みを感じたりしたのち死亡。

 

という感じでしたので、

 

日本で言う原爆症が北朝鮮の鬼神病

だと思われます。

 

やはり核による被害っていうのは

戦後何年経とうと悩まされるものなんですね。

 

戦後70年経った今でも

新たに症状が報告されてるみたいです。

 

70年経った今でもというのに

驚きを隠せませんが、

これが核の恐怖なんですよね。

 

戦争を知らない僕らの世代だと

本や資料館などでの情報がほとんど

だと思うのですが、

 

実際に体験した人達は一生忘れきれない

出来事なんですよね。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

鬼神病というのが原爆症と同じだと

判断するのは難しいですが、

どちらも核が原因ということで、

 

その怖さをより一層知る事が出来ました。

 

核実験を実施する北朝鮮の

ホントの思惑なんか知ったこっちゃ

ないですが、

 

核実験だけはどうにかしてでも

止めてもらいたいですね。

♪こちらの記事も読まれています♪