はいさいー!

よーさんですー!

 

久々に夜の現場が入って

行ってきたんですが、

 

もう朝が眠くて眠くて・・・。

 

職場で睡眠不足がモロ顔に出てたみたいで、

一生懸命こらえたけど、あくび連発・・・。

 

夜の現場が入った時は素直に

休みを取るように努力しようと思います。

 

さて今回は、

バイオハザードでお馴染みのゾンビ。

そのゾンビの名前が付けられた病気を

紹介していきたいと思います!

 

リーシュマニア症っていう感染症

なんですが、別名「ゾンビ病」と

言われてるみたいです!

 

ちょっと怖いですが、

どんな病気か調べてみました!

 

それではいってみましょうー!

ゾンビ病(リーシュマニア症)とは?

 

 

さてまずはここからですが、

ゾンビ病って名前だけでも

発症したくない病気ですが、

 

どんな病気なのか調べてみると、

 

サシチョウバエなどによって媒介される

人獣共通感染症みたいです!

 

感染系ってもうモロにバイオハザードやん。

って思いつつも更に調べてみると、

 

88ヵ国で1200万人が感染している

事が分かっているみたいです!

 

そして、緊急に対策を要する感染症6つのうちの

1つという事でした。

 

いやー。

怖すぎじゃないですか?

 

しかも緊急に対策を要するって

事はかなり危険な感染症って事ですよね?

 

そんな危険な感染症の原因が

気になったので調べてみました!

 

原因は?

 

さて、気になる原因なんですが、

調べてみると、リーシュマニア原虫という

微生物かな?

 

これが原因のようですね!

 

 

このリーシュマニア原虫に感染した

サシチョウバエが人を吸血する時に

原虫が人に感染するそうです。

 

「だったらサシチョウバエに

気を付ければ・・・・。」

 

なんて思ったんですが、

 

これが厄介な事に注射器からの感染、

母子感染などの危険性もあるという・・・。

 

人から人に感染する可能性もあるとなると

もうどうにもならない気が・・・。

 

実際にサシチョウバエが居ない国でも

発症例があるそうです。

 

さてそんなリーシュマニア症ですが、

発症してしまうとどんな症状が出るのか

調べてみました!

 

症状が気になる!

 

さてこの厄介な感染症でもある

リーシュマニア症の症状を

調べてみると、

 

どうやら3つあるみたいで、

 

・皮膚リーシュマニア症

・内臓リーシュマニア症

・粘膜皮膚リーシュマニア症

 

この3つが存在しています。

 

・皮膚リーシュマニア症

 

一般的なリーシュマニア症で感染すると

数週間~数ヶ月で複数の腫れやコブが出来ます。

これが徐々に大きくなって腫瘍となって

強い痛みを引き起こしたりするそうです。

 

自然治癒が可能なんですが、

数ヶ月~数年掛かる上に傷跡が残るみたいです。

 

・内臓リーシュマニア症

 

主な症状として体重減少、熱、血液細胞の減少

という症状が出るようです!

脾臓や肝臓が膨張して造血臓器にも影響がでて

 

放置してしまうと数週間~数年で

死に至るそうです。

 

・粘膜皮膚リーシュマニア症

 

初期症状で、しつこい鼻詰まりや鼻血、

口の中や咽頭の違和感などが出てくるみたい。

 

これを放置すると、

外観を損なう激しい粘膜皮膚の破壊を

招くこともあるそうです。

 

この3つが症状として現れるみたい

ですが、どれも発症したくない・・・。

 

内臓系と粘膜皮膚系は絶対にヤバい

ですよね・・・。

 

こういう症状を見て

「ゾンビ病」って名付けたのかも。

 

発症するとヤバいという

イメージが強いゾンビ病ですが、

治療法などは無いのか気になって

調べてみました!

 

治療方法は?

 

医学の進歩っていうのは凄いもんで、

最初の頃は治療法すらも確立されてなかった

と思うんですが、

 

現在では治療法も確立されている

みたいです!

 

手術などではなくて

抗寄生虫薬剤を投与するという

事みたいですね!

 

また、赤外線照射やドライアイス接触などを

行って軟膏を塗るという方法もあるそうです!

 

とりあえず治療が出来るみたいで

安心なんですが、このリーシュマニア症って

日本での発症例があるのか気になって

調べてみました!

 

日本での発症例は?

 

さてこれも結構気になりますよね!

日本でこの病気が流行るなんて考えたくも

ない・・・。

 

そこでちょっと調べてみると、

まだ日本での発症例はない模様・・・。

 

ただ、中国では発症例があるそうなので、

日本に居るからといって安心できるという

訳ではないかもしれないですね!

 

今話題のヒアリだってそうですからね!

 

海外に行く際には、

その行先で発症例があるかどうかは

調べておいた方がいいかも。

 

そして、なるべく肌の露出には

気を付ける、虫に刺されないようにする、

などの事も大切ですよー!

 

感染した後に後悔しても

後の祭りですからねー。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

リアルバイオハザードと言っても

いいほど怖い感染症ですよね。

 

こういうのを調べてると改めて

寄生虫って怖いなぁって感じます。

 

海外旅行に行く方はホント

気を付けて下さいね!

♪こちらの記事も読まれています♪