はいさいー!

 

よーさんです!

 

もうそろそろクーラーのお世話に

ならないといけない日が来そうな沖縄。

日中の車の中は18℃でいい感じです!

 

さて今回は、

 

能登の和倉温泉にある旅館「多田屋」の

若女将を務めている多田弥生さんを紹介したいと思います!

 

明治18年創業の老舗旅館の若女将を務めている

多田弥生さんってどんな人なんでしょうねー?

 

それではいってみましょうー!

多田弥生のプロフィール

 

 

名前 多田弥生

年齢 39歳

出身 千葉県

 

というふうになっていました!

 

多田さんは3人兄弟の長女で、

会社員の父親と教師の母親という

一般的な家庭に生まれ育ったそうです!

 

若女将になる前は看護師として

働いていたそうなんですが、

看護師から若女将ってかなりギャップが凄い。

 

人に尽くすという意味では一緒かもしれない

ですが、完全に違う職業に就いたんですねー。

 

しかも、明治18年から続く老舗旅館・・・。

 

絶対厳しいでしょうし、

折れそうになった事もあるかもしれません。

 

多田さんが若女将になったのには

理由があって、もうお察しかもしれないですが、

旦那さんが「多田屋」の跡取りなんですね!

 

どんな旦那さんか気になったので

調べてみました!

 

結婚した旦那はどんな人?馴れ初めは?

 

多田さんの旦那さんは、

「多田健太郎」さんといって

多田屋の6代目になる方でした!

 

大学時代のサークルを通して知り合ったのを

きっかけに交際が始まったんでしょうねー。

 

そこから結婚する事になって、

能登で看護師を続けようと思っていたみたい

なんですが、来てみてビックリの

多田屋さんじゃないですか。

 

最初はかなり驚いたと思いますよー。

 

旦那さんからは「小さい民宿をしている」

としか聞かされてなかったらしく、

 

能登の小さい民宿でイメージしてて

来たら多田屋ですからね。

 

おったまげー!!ですよね。

 

で、もちろん健太郎さんは跡取りとなる

わけですから、弥生さんも自然と若女将を

する事になったそうなんです。

 

これは旦那さん策士ですね!

多分、最初に「多田屋」という

名前を出すと尻込みする可能性がある

のも考慮したんでしょう!

 

まぁそれだけ離したくない人だった

ってことですよね!

 

いいなぁ・・・。

 

ちなみに健太郎さんですが、

アメリカに留学したり、

東京のITベンチャーに就職したりしてて

 

すぐには旅館に戻らなったそうです。

 

っていうか留学経験があるのにビックリ。

 

不妊の原因は年齢のせいなの?

 

まぁそんなこんなで多田屋の若女将となる

為に努力していた弥生さんですが、

一つ悩みがあったみたです。

 

それが「不妊」なんでしょう。

 

代々続く老舗旅館なので、

やっぱり次の跡取りというのも

考えないといけないんでしょうね。

 

だけど、結婚してから3年間跡取りが出来ずに

かなり悩んだそうです。

 

年齢のせいなどもあったかも

しれないですが、先代からの無言の圧

みたいなのもあったんじゃないかなぁ?

 

そういう事に関しては詳しいわけじゃない

ので憶測でしか言えないのですが、

 

妊娠ってタイミングという話もよく

聞きます。

女性の身体は不思議がいっぱい

ですからねー。

 

少しの環境の変化などでも色々と

変わってくると思うので、

一概に年齢のせいだとは言えませんね。

 

その後、2013年に二人目となるお子さんを

出産されたらしく、孝太郎と名付けたみたいです。

 

この孝太郎くんが多田屋の7代目

なるだろうと思います!

 

代々続く家業ってやっぱり大変なんですね。

跡取り問題もそうなんですが、

先代が守ってきたものを壊さない様にして

いかないといけないだろうし。

 

ホントこういう世界で活躍している人

って尊敬します!

 

Sponsored Links

Sponsored Links
  
Sponsored Links

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

多田屋で働く従業員を「多田屋の家族」

というふうに言うらしいんですが、

社員としてもかなり嬉しいんでしょうねー。

 

昔の多田屋よりも個人に丁寧に接するように

していると話していましたが、

これがリピートしてくれる最大の理由に

なってるんだろうなぁと思います。

 

まだまだ覚える事や変えていかないと

いけない事などもあるとは思いますが、

夫婦と「多田屋の家族」で

頑張っていってほしいなと思います!

 

♪こちらの記事も読まれています♪