はいさいー!

よーさんですー!

 

本日は月に1度のリフレッシュ日という事で

思いっきり早朝から遊んできました!

 

行くのはもちろん海なんですが、

もう日焼けしまくりで夜寝れるか不安・・・。

 

でもかなり息抜きになったので

良しとしましょう!

 

さて今回は、

ネットサーフィンに中に見つけた気になる言葉。

「残骨灰」にスポットを当てていきます!

 

残骨灰から出てくる貴金属や、

売却する理由、またその金額など!

気になる事から調べてみたので

いってみましょうー!

残骨灰とは?出てくる貴金属って?

 

今の時代、お葬式の簡略化が進んで

火葬場から遺骨を持って帰らない遺族が

増えてるらしんですが、知ってましたか?

 

僕の住む沖縄だと、

考えられない事なんですが、

実際は相当数あるのが現実みたいです。

 

「この骨がどこどこで~」

っていう説明を受けた事がある人も

たくさん居ると思います。

 

で、

説明を受けながら骨を骨壺に入れていくんですが、

この時に残った遺灰を「残骨灰」って

いうんですね。

 

この残骨灰は行政などで処分されるんですが、

この残骨灰の中に貴金属が隠れているんです。

 

たとえば、

亡くなった方の「金歯」や「銀歯」などが

それにあたります。

 

その他にも、

「プラチナ歯」や「パラジウム」など

というものが出てくるそうです。

 

「へぇ~」で終わっちゃダメですよ!

これを何と売却するというね・・・。

 

遺族側からしたら「?」が浮かんで

きそうなんですが、

 

その売却する理由を調べてみました!

 

売却する理由と金額が凄い!

 

遺灰ビジネスと言われたりして

世間で一時期話題になったんですが、

この売却利益がとても高いんですよね。

 

売却する理由は「高く売れるから」

 

こんな情報があります。

 

「収骨後、残骨灰に含まれる貴金属を塊にして、業者に売却する。昨年度の都の収益は約644万円でした」

国内最大級の火葬場を持つ名古屋市も東京同様、処理業者から返却された貴金属を売却する。その金額は桁違いだ。

「昨年度は金、銀、プラチナ、パラジウムを約4880万円で売却した」(名古屋市健康福祉局環境薬務課)

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/12092254/

 

国内最大という条件付きですが、

1年で4880万円ですよ!

 

これをビジネスにした人にも感服しますが、

何よりもその金額に驚愕しました。

 

儲かると分かったら実践する自治体なども

増えていったそうなんですが、一般市民から

の声でその売却を中止した自治体もあるそうです!

 

北九州市は過去、同様の制度を導入していたが、1991年度以降は売却を中止している。同市の担当者は「制度を知った遺族から『遺灰を換金するのはおかしい』と批判があったから」と説明する。

引用:http://frombangkok.blog.fc2.com/blog-entry-1043.html?sp

 

そりゃそうですよね!

 

そもそも、この制度は遺族などに

知らされてない場合が多いらしくて、

僕ももちろん聞いた事がありませんでした。

 

これを事前に知らさられていれば

遺灰を残すという事もしないと思います。

 

悲しんでる遺族に「遺灰から貴金属が出てくる場合が・・」

とか説明するのもイヤだと思います。

 

なので、最初から

市などで説明会なり何なりして

周知させた方がいいんじゃないかと!

 

それで残れば別に問題はないと思うんですけどね。

 

さて、この遺灰ビジネスとも言われている

残骨灰の売却なんですが、

法律的には問題とかないんでしょうか?

 

気になったので調べてみました!

 

法律的に大丈夫?

 

残骨灰から出る貴金属を売却する事で

利益を得たりして遺灰ビジネスとも言われたり

してるんですが、

 

これって法的には大丈夫なんでしょうかね?

 

遺灰とはいえ、その所有権などは遺族側に

あると思ってたんですが、

どうやらその辺の法律ってしっかりしてない

みたいで結構緩いそうなんです。

 

残骨灰の取り扱いをめぐっては墓地埋葬法にも明確な記述がなく、所有権や財産権の解釈は各自治体任せになっている

引用:http://azemichi-nikki.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-9dfa.html

 

なので、法的な事を言えば

別に違法ではないという事になるかと・・・。

 

まぁ違法じゃないにしても、

遺族側からしたら何かね・・・。

 

というのが本音なところかと思っていましたが、

 


こういう人も居るみたいですね!

 

何かの役に立てるなら捨てられるよりマシだと

思うんだけど、これは終活をする際に

全部決めておいた方がいいかもしれないですね!

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

遺灰すらもビジネスにしてしまう

その閃きに驚きが隠せないです。

 

この残骨灰の行く末については

自治体がちゃんと説明すべきだと思うし、

残骨灰を知った人は自分が火葬された後の事まで

しっかり決めておいた方がいいでしょうね!

 

こちらもオススメ!

 



 

♪こちらの記事も読まれています♪