地中海料理に欠かせないオリーブオイル。

このオリーブオイルにすごい健康効果があるのを知っていましたか?

今回はそんなオリーブオイルに含まれる健康成分について紹介していきます!

長寿、健康、美容と効果のすごい地中海料理

こんな話を知っていますか?

地中海沿岸地方は他の国に比べて心臓疾患による死亡率が低いことが、ある調査で判明しました。

原因をさらに調査すると、オリーブオイルをふんだんに使う習慣があることがわかり、そこからオリーブオイルに含まれる「オレイン酸」の効果に注目が集まりました。

オレイン酸ってなに??

オレイン酸は植物油の主成分である脂肪酸のひとつで、オリーブオイルは勿論のこと、紅花油、ヒマワリ油、ナッツ類などに多く含まれている成分です。

オレイン酸がもたらす効果は?

オレイン酸は、動脈硬化や心臓疾患などの生活習慣病を改善し、予防する効果や、高コレステロールなどが原因で増えた悪玉コレステロールを抑制して血管を健康な状態に保ってくれます。

また、オレイン酸は小腸で消化吸収されにくいので、腸の働きを活性化させる特性を持っていて便秘にも効果があります。

さらに嬉しい効果として肌のターンオーバーを促進させて美肌効果も得られるという万能ぶりです!

オレイン酸が含まれている身近な食べ物は?

オレイン酸は、アーモンド・カシューナッツなどのナッツ類や、豚肉・鶏肉などの肉類、枝豆・とうもろこし・油揚げ・豆腐などの大豆類など意外と身近にある多くの食品に含まれているんです。

その中でも、オリーブオイルは飛びぬけてオレイン酸が多く含まれていて、オレイン酸の原語にもなっているんです。

また、森のバターと言われているアボカドにもオレイン酸が多く含まれています。

アボカドはオレイン酸だけではなく、食物繊維やビタミンEなども含まれているのでバランスよく摂取したいならアボカドもオススメです。

いくら体に良いからといって摂り過ぎはダメ!!

すごい効果のあるオレイン酸ですが、あくまでも脂質です。

過剰摂取してしまうと肥満のリスクを高めてしまう恐れがあるので気をつけましょう!

特にナッツ類!!

ナッツ類は高カロリーなので特に気をつけたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

オレイン酸を含む食材はスーパーにもコンビニにも売っているので、ちょっと意識するだけでも手軽に摂ることが出来ます。

食べすぎには注意してオレイン酸が含まれている食材を意識的に日ごろの食生活に取り入れていきましょう!!

 

 

♪こちらの記事も読まれています♪