はいさいー!

よーさんですー!

 

久々に徹夜中でございますー!

というのも仕事が終わって変な時間に

寝てしまい、本来寝る時間に寝れなくなる

というね・・・。

なんともアホな事をしてしまい

今日はオール確定でございます!

 

さて今回は、

オオカミウオと言われる魚を

紹介していきたいと思います!

 

もう見た目は笑えるぐらいグロイ

んですが、あのゴジラのモデルに

なったという噂も・・・。

 

それからあの何でも噛み砕いてしまいそうな

歯や噛まれたらどうなるかなどなど、

気になる事を調べてみたのでいってみましょうー!

 

オオカミウオってどんな魚?

 

さてまずはここからなんですが、

名前だけを聞くとかなりカッコいい感じ

のするオオカミウオですが、

 

どんな魚かというと、

じゃん!!

 

 

こういうやつです!

ちょっとビックリしましたか?

 

その生態を少し紹介すると、

 

名前 オオカミウオ

生息地 東北地方北部からオホーツク海

ベーリング海

体長 1m

 

というふうになっていました!

 

こんなイカツイ顔立ちをしてますが、

ギンポという魚の仲間で、

天ぷらにすると最高に美味しい事で

有名ですよね!

 

あの通常のギンポと比べると

インパクトがかなりデカいオオカミウオ

ですが、インパクトが強いのは顔立ち

だけではないんですねー!

 

歯で噛まれた妄想で悶絶!

 

オオカミウオの名前の由来に

鋭い歯を持つというのがあるんですが、

これがその歯ですね!

 

 

「なんでも噛み砕いてしまいそうな歯」

なんですが、これはもうまさにその通り

と言った感じで、

 

オオカミウオは主食となっている貝類や

甲殻類を砕いて食べるそうです。

サザエやカニがそれに当たりますね。

 

カニは普通の魚でも食べてしまいそう

だけど、サザエってかなり堅いですよね・・・?

 

人間のアゴの力じゃまず砕けないと思うんですが、

それを砕いて食べてしまうって相当ヤバい・・・。

 

ある釣り人がオオカミウオを釣って

その口に悪ノリして手を入れようとした

時に一喝されて、

 

「噛まれたら腕ごともっていかれる

から気を付けろよ!!」と・・・。

 

これを聞いた釣り人も驚いて辞めた

そうです。

 

賢明な判断だと思います。

 

釣って口に手を入れたら喰われました。

なんて事になったら笑えないですもんね!

 

しかしまぁあんなイカツイ顔の魚の口に

手を入れようとする強者がいるとは・・・。

 

海外だとワザと腕を噛ませて掴み上げる

釣り方も存在するそうですが、

正気の沙汰じゃない・・・。

(オオカミウオ釣りじゃありません!)

 

陸に上げた後の腕とか血だらけでしたしね!

 

チャレンジ精神旺盛な海外の人でも

オオカミウオとなると丁寧に釣り竿で

釣るでしょうね!

 

グロい見た目はゴジラのモデルなの?

 

さて、オオカミウオと言えばその見た目

から「イカツイ」「グロイ」なんて

言われてるみたいですが、

 

 


小さい子が見るとトラウマ必至かな・・・。

 

その見た目がゴジラのモデルじゃないか?

なんていう噂があったので調べてみたんですが、

これはどうやら間違いみたいで、

 

ゴジラのモデルはラブカと言われている

深海のサメなんだそうです!

 

 

これがラブカですね!

 

見た目のイカツサなら同レベルな

感じなんだけど、

どちらかというとオオカミウオの方が

しっくりくる感じなんだけどなぁ。

 

まぁモデルはラブカだったという事で!

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

やっぱり海は広いな大きいな!

ってことですね!

 

あんな顔した魚が存在する事すら

知りませんでしたが、

 

まだまだ見つかってないだけで

もっとイカツイ顔した魚も存在して

るんじゃないかと思わせてくれる海って

やっぱ凄いです!

 

深海レベルになるとまだまだ発見されてない

魚も多く存在すると思うので、

色々とこれからも楽しみですね!

 

こちらもオススメ!




 

♪こちらの記事も読まれています♪