はいさいー!

よーさんですー!

 

本日は昼と夜で現場を抱える

というハードな1日となっていました。

 

朝7時から気が付けば日を跨いでいたので

15時間以上は働いてましたね・・・。

 

そろそろ体を労わらないとヤバそうっす・・・。

 

さて今回は、

ハゼの実から作るハゼ蝋パックなる

ものを紹介したいと思います!

 

何でも保湿効果が凄いらしいですよ!

ちょっと職場のお姉さま方に勧めるつもりで

調べてみたのでいってみましょうー!

ハゼ蝋パックってなに?

 

 

はい!

というわけなんですけども、

 

そもそもハゼ蝋っていう言葉自体、

初めて聞いたので、何だろ?っと

頭の中は疑問ばかり・・・・。

 

そこでまずはハゼ蝋が何たるかを

調べてみると、

 

九州や西日本などで秋になると

山を紅く染めてくれるハゼの木があって、

その木になる実を加工して出来たのが

ハゼ蝋というそうです!

 

和ロウソクや力士の鬢付け油としても

使われているみたい。

 

また、それだけじゃなくて、

歌舞伎役者や舞妓さんの化粧下地

としても利用されていて、

 

日本では結構古くから親しまれている

化粧品材料なんだそうですよ!

 

そんなハゼ蝋の事を調べていると、

どうやら保湿効果が高いらしくて、

どのぐらいの保湿力があるのか

調べてみました!

 

保湿や美容効果が気になる!

 

保湿といったらもう僕ですら

気にするお年頃になってきたんですが、

 

女性にとってはかなり気になる所ですよね!

 

しかもハゼ蝋パックなんて

そうそう聞いたりするものじゃないと

思うし・・・。

 

そこで調べてみると、

 

ハゼの実から採れるロウは人の肌に

馴染みやすくトロっとした粘りが

あることから蒸発しにくく肌に

留まりやすい特徴があるそうです!

 

この特徴のお陰で、

うるおいを保って、乾燥からくる

肌荒れを防ぐ効果があると言われてる

みたい。

 

有名な所でいうと、

京都の舞妓さんなどは昔から愛用してる

みたいで、あの化粧を毎日しても肌が荒れない

のはこのハゼ蝋のお陰なんだとか・・・。

 

 

そんな保湿効果抜群のハゼ蝋なんですが、

どうやら、かぶれるんじゃないか?

という話があるみたいで、

 

こちらも気になったので

調べてみました!

 

かぶれたりしないの?

 

肌に塗るのにかぶれるって

どういう事!?

 

っと気になったので調べてみると

 

どうやらハゼの木から出る樹液に問題が

あるみたいで、

 

よく「ウルシでかぶれる」なんて

聞くと思うんですが、

 

ハゼの木も実はウルシ科の木で

「ウルシオール」という成分のせいで

かぶれたりするそうなんです!

 

枝を折ったり、葉っぱをちぎったりする

だけでも樹液は出てくるので、

山などに行く際には注意が必要ですね!

 

ちなみに、ハゼ蝋の元となる

ハゼの実に関してはかぶれたりする

心配はないそうです!

 

まぁそうじゃないと化粧品の材料として

使う事なんて不可能ですからね!

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

古くは江戸時代からお馴染みと

なっていたハゼ蝋なんですが、

今はその原料となるハゼの実が激減して

いるそうです。

 

色々と取り組みをしている所も

あるみたいですが、

貴重な資源であることは間違いないですね。

 

おすすめ記事はこちら!

 



♪こちらの記事も読まれています♪