はいさいー!

よーさんですー!

 

今日は従業員の出勤率が高くて

久々の定時で帰宅という滅多にない

機会に恵まれました!

 

いつもなら平気で3~4人当日欠勤するので、

出勤率が高い日なんて早々ないんです。

 

明日も当欠が出ませんように・・・。

 

さて今回は、

超人ハルク並みの筋肉を持つ

ウエイトリフティング選手の宮本昌典さんを

紹介していきたいと思います!

 

もうね、筋肉にしか目がいかなかったんですが、

他にも色々と気になるとこを見つけたので、

 

とりあえずいってみましょうー!

宮本昌典のプロフィール

 

 

名前 宮本昌典

生年月日 1997年

年齢 20歳

出身 沖縄県那覇市

 

というふうになっていました!

 

いやー。

きました!同県出身ですねー!

まさかの巡り合わせにビックリです!

 

このベビーフェイスからは想像もできない

ぐらいウエイトリフティングの大会などで

活躍しているんですが、

 

その戦績を少し見てみると、

 

2016年 第76回全日本選手権大会69㎏級1位

スナッチ143㎏大会新記録・大学新記録

2016年 2016年度世界ジュニア選手権大会69㎏級3位

2016年 第30回アジアジュニア選手権大会69㎏級3位

2016年 第36回全日本ジュニア選手権大会69㎏級1位

2017年 第37回全日本ジュニア選手権大会69㎏級1位

クリーン&ジャーク177㎏日本新記録

 

大学新記録っていうのも凄いんですが、

クリーン&ジャーク177kg日本新記録って・・・。

 

そもそもクリーン&ジャークというのを

知らないのでちょっと調べてみると

動画がありました!

 

ちなみにご本人です!

 

 

おいおい・・・マジか・・・。

 

この時は157kgだったそうですが、

気合だけで持てるもんじゃないですよね。

 

鍛えてどうこうというレベルでも

ないと思うんですが、人間やってできない物

はないって事ですよね!

 

そんな宮本さんなんですが、

ちょっと大学の方が気になったので

調べてみました!

 

大学はどこ?

 

さて気になる大学なんですが、

これは調べてみると結構簡単に出てきました!

 

逆を言えばそれだけ有名って事ですよね!

 

気になる大学は、

東京国際大学ということでした!

 

ちなみに学部は、

人間社会学部 スポーツ科学科ですねー!

 

そこでウエイトリフティング部に

所属していて副主将しているみたい!

 

ここのウエイトリフティング部の

監督のお名前が三宅義信さんというんですが、

ウエイトリフティング・・・三宅・・・

 

どっかで聞いた事があると思って

調べてみたら、

 

女子ウエイトリフティング

三宅宏実選手の叔父にあたるみたいです!

 

しかも、監督である三宅さんも

オリンピック出場経験があって、

 

・1964年の東京五輪で金メダル

・1968年のメキシコシティ五輪で金メダル

 

という記録を残していました!

 

彼女の存在が気になる!

 

これはやっぱ気になりますよねー!

あのベビーフェイスでニコって

笑われた日にゃーもうね・・・。

 

女子はキュンキュンしまくりじゃないでしょうか!

 

さてそんな宮本選手の気になる

彼女の存在はというと、

 

これが残念ながら情報なし!!

 

という事はフリーという可能性が

高いですね!

 

2020年、2024年オリンピック出場

が目標ということなので、今はそっちに集中

したいんだと思います!

 

普通の大会じゃなくて4年に1度しかない

大会ですからね。

 

出来る事はしっかりやろうというスタンス

かもしれないです!

 

筋肉がヤバい!

 

さて、冒頭でも触れたんですが、

ウエイトリフティング選手という事で

筋肉がヤバいんですよね!

 

あの腕とか実際見ると丸太なんじゃないかと

勘違いしそうになるかも・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腕は勿論なんですが、

太ももとかもヤバいですね!

 

どうです?

個人的にはこれぐらいデッカイ筋肉を

つけてみたい・・・。

 

すごく体が重くなりそうだけど、

あの腕は男子でも憧れるものがありますね!

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

同県出身ということで、

僕が個人的に気なった宮本昌典選手を

紹介させていただきました!

 

まだ20歳という事で、

これからまだまだ成長していくんだと

思いますが、

 

素人目に見て物凄く腰に

負担のきそうなスポーツなので

怪我などには気を付けてこれからも

活躍していってほしいと思います!

♪こちらの記事も読まれています♪