はいさいー!

 

よーさんです!

 

本日は雲一つない晴天だった沖縄ですー!

3月はあれだけ天気に泣かされたのに・・・

順調に夏に向かっておりますなー。

 

さて今回はですねー、

お米を紹介したいと思っているんですが、

何でお米かと言うとですね、

 

僕が無類の白米好きだからです!

 

もう白米だけでも全然食べられるし、

1日1食は白米食べないと気が済まない

僕です。

 

で、今回紹介するお米が、

「ゆうだい21」というお米なんですが、

どんなお米なのか気になりますよねー?

 

色々と調べてみたのでいってみましょうー!

ゆうだい21ってどんなお米?

 

 

はい!

というわけで今回紹介する

「ゆうだい21」なんですが、

 

この品種が見つかったのって

今から27年前の1990年なんだそうです。

 

宇都宮大学農学部附属農場の試験田で、

ひときわ大きい穂を持つ株を見つけたのが

始まりで、「ゆうだい21」という名前の由来が、

 

宇都宮大学の頭文字「U」に、

大きな穂という特徴や21世紀の主役の

品種になってほしいという願いを込めたのが

由来なんだそうです!

 

何か、親が子供に名前を付けるのと

一緒でちゃんと意味や願いを込めて

名前を付けたんですね!

 

僕はてっきり発見者の名前かと

思っていたので、ちょっとビックリでした!

 

そんな「ゆうだい21」の味や特徴

どんな感じなんでしょうかね?

 

ちょっと調べてみました!

 

食味や特徴が気になる!

 

気になる味や特徴なんですが、

 

王道のコシヒカリよりも、

甘さ、粘り、香りもやや上回る

という事だったのですが、

 

ここはマジメに言いましょう。

 

正直、一般の人では違いがそんなに

分からないんじゃない?

 

どのサイトを見ても同じ様な事

が書かれているので、

きっと書いてある通りだと思うんだけど、

 

ホントに舌の肥えた人じゃないと

気付かないんじゃないかな?

 

もしくは、安いお米を食べてる人か。

 

僕はどっちかと言うと、ノーブランドの

安いお米を食べるので、

たまに送られてくる「コシヒカリ」

などを黙って出されると気付く。

 

ただ、粘りがどうとかっていうのは

全然分からないんだけどね!

 

甘いとかふっくらしてるとかは

すぐ気付けるので、その違いを楽しみたい人

は一ヶ月でいいから安いお米を食べてみて!

 

それから高いブランド米にいくと

感動とまではいかないけど、

 

これがブランド米かーー!!

 

ってぐらい違いは分かるはず!

 

で、特徴についてなんですが、

これは味とかの特徴ではなくて、

 

「ゆうだい21」とい品種の特徴のようで、

 

コシヒカリに比べて草丈、穂長とも長いが

茎が太く倒伏しにくい。

収量は、

10アール当たり540kg強と多収性で、

イモチ病にかかりにくく作付けしやすい。

 

らしいです!

 

多分、農家さんなどが検索してたのかも

しれないですね!

 

コシヒカリに比べて収穫量も多い

らしいので、こっちを育てる方が

農家さん的にも儲かるのかもしれないですね!

 

通販購入よりもローソンがお得?!

 

ローソンにも売ってるの?!

 

とばかりに気になるワードがあったので

調べてみたんですが、

 

どうやらローソンに売ってるんじゃなくて

ローソンの弁当に使われてるみたいなんです!

 

ただ、すべての店舗ではないらしく、

一部地域を除くというふうになっていました!

 

「まちかど厨房」がある店舗の

お弁当は「ゆうだい21」を使用している

みたいなので、もしお近くに「まちかど厨房」

があるなら一度寄って買ってみて下さい!

 

冷めても美味しいという事で

弁当業界に大きな衝撃を与えたお米なので

期待して食べてみてもいいかも!

 

一応、お米だけを通販購入することも可能なので

とりあえず食べてみたい!!

って方は通販も有りですね!

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

いつも安い米を食べてる僕に

とってはかなり気になるお米と

なったんですが、

 

残念ながら近くに「まちかど厨房」が

ないんですよねー。

 

こりゃもう通販で思い切って買ってみるか?!

 

と思ったんですが、

とりあえず残り5キロのお米を

食べてから考えてみようと思います!

♪こちらの記事も読まれています♪