あなたは目も日焼けをするって知ってましたか?

紫外線が多い季節というのが、5月~8月って言われてますよね。

8月が一番紫外線が強そうなイメージですが、実際は夏本番を向かえる前から紫外線は強くなっているんです!

4月から8月の時期は、花見やBBQ、海水浴、ゴルフや山登りなど、外で遊ぶことも多くなってきますよね。

紫外線が強くなればなる程、浴びる紫外線量も多くなってきます。

一日中エアコンの効いた部屋に居たい気もしますが、勿体ない。

どうせなら外で夏を楽しみたいですよね。

そこで今回はそんな時に必需品となってくるサングラスの選び方を紹介したいと思います。

どんなサングラスを選べばいいの?

紫外線から目を守る方法として一番手軽なのは、サングラスをかけることですね。

サングラスをかけるだけでも、かけないよりはかなりマシです。

でも、UVカットがされたサングラスを選ぶことが重要になってきます。

ファッション性で選ぶ人も多いですよね。

そして、紫外線を防ぐならと濃い色のレンズを選びがち。

しかし、濃い色のサングラスをかけると、瞳孔が開いてしまうんです。

瞳孔が開いてしまうと、地面から反射した紫外線に対して目が無防備になってしまいます。

なので、サングラスはUVカット効果のあるもを選びましょう。

そして、顔にフィットするということも重要です。

また、目に入ってくる光量を調整してくれる調光レンズや、乱反射を防いで、自然光のみを目に届けてくれる偏光レンズは一つ持っていると年中使えるので、この機会に一つ選んでみるのもいいでしょう。

紫外線が与える目への影響は?

紫外線が目に与える影響として以下のようなものがあります。

 

1 雪眼炎

スキー場のゲレンデの照り返しや雪山登山などで紫外線を浴び続けることで起こります。

雪目とも言われていますね。

症状としては、充血、ゴロツキ、まぶしさ、痛みなどがあります。

 

2 白内障

紫外線が角膜だけじゃなく水晶体にまで達して長期間をかけて蓄積されて白内障の原因の一つとなります。

 

3 翼状片

白目の細胞が異常増殖して黒目の部分に達する病気で、これが黒目に被ると視力障害を引き起こす可能性も出てきます。

 

紫外線って目に見えないものなので、油断せずに大切な目を守るためにもサングラスは使用しましょう。

毎日の積み重ねが大事で、肌と同じようにケアして対策することが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

これからの季節というよりは、年中使用した方がいいサングラス。

自分には関係ないと思わないで、大切な目の為にしっかりケアしていきましょう!

 

♪こちらの記事も読まれています♪