はいさいー!

 

よーさんですー!

 

また天気が崩れてしまい雨が降ったり止んだりな沖縄です。

雪が降らないだけマシだと思いますが、

2月の安定しない天気は疲れますねー。

 

さて今回は、

 

女性映画監督として有名な荻上直子さんを紹介していきたいと思います!

 

それではいってみましょうー!

 

荻上直子のプロフィール

 

 

名前 荻上直子

 

生年月日 1972年2月15日

 

年齢 45歳

 

出身 千葉県

 

というふうになっていました!

 

パッと見た感じ45歳には見えなくて

もう少し若いのかなぁ?と思っていたのですが、

やっぱり女性の年齢は分からないもんですねー。

 

僕的にはメガネ姿が可愛らしくて好きです!

ショートのメガネが大好物!

出来ればメガネは外さないで頂きたいっす。

 

大学は?

 

これは荻上さんのワードで出てきてて、

僕も気になったので調査してみましたー!

 

その結果なんですが、

 

荻上さんの大学は、「千葉大学工学部画像工学科」

という事が分かりました!

 

もともと一眼レフカメラなどで

風景を撮るのが好きだったという荻上さん。

 

写真家などにならなかった理由が

「私より上手い人がたくさんいるから」

という事でした!何かアッサリしてますねー!

 

で、ある日大学の友達とパラパラ漫画を作ったときに

「動かすのも面白いかも・・」

という風に思って少しずつ映画の世界に入っていったようですねー!

 

その後、千葉大学を卒業して

1994年に南カリフォルニア大学大学院映画学科で

映画製作の勉強をして2000年に帰国したそうです!

 

 

経歴は?

 

気になる人も居るかなぁ?

と思って少し調査してみましたー!

 

2001年自主製作映画『星ノくん・夢ノくん』が2001年度ぴあフィルムフェスティバルで音楽賞を受賞。

2003年、スカラシップ作品の権利を得て、長編劇場デビュー作『バーバー吉野』を発表。

2005年、『恋は五・七・五!』を発表。

2006年、『かもめ食堂』を発表し、大ヒット

2007年、小林・もたいコンビが再び主演した『めがね』も、興行的に成功

2010年8月には第1小説集となる『モリオ』(光文社)を発表。

2011年、『トイレット』で芸術選奨新人賞映画部門を受賞。

2012年、文化庁新進芸術家派遣制度によりニューヨークに留学

2017年、「荻上直子・第二章の始まり」と公言した『彼らが本気で編むときは、』を発表。

引用:wiki

 

という風になっていました!

 

やはり写真家じゃくて映画監督という道に進んだのは

間違いじゃなかったという事ですねー!

 

結婚した旦那が気になる!

 

荻上さんが結婚しているのか気になったので調査してみました!

 

で、その結果なんですが、

 

どうやら籍は入れていない事実婚という形ですが旦那さんは居るようです!

どんな人が旦那さんなのか気になって掘り下げてみたんだけど、

一般の人なのかな?

 

ちょっと詳しい情報というのは見つからなかったですねー。

 

籍を入れない理由も色々あるとは思うのですが、

十人十色で色んな結婚のカタチがあると思うので

上手くいってるならそれもアリかなぁと思いました!

 

子供は双子なの?

 

意外にも事実婚という事が判明した荻上さんなんですが、

お子さんもいるのかなぁ?

と気になったので調査してみました!

 

すると、

2012年に双子の女の子を出産していることが分かりました!

 

今ちょうど5歳ぐらいでしょうか?

 

双子だと大変さも喜びも二倍で、

慣れるまでかなりハードな育児になると思うのですが、

旦那さんと協力して頑張ってほしいですねー!

Sponsored Links

Sponsored Links
  
Sponsored Links


 

作品まとめ!

 

これは個人的に気になったので調査してみました!

 

荻上さんが監督を務めた作品は以下の通りです!

 

星ノくん・夢ノくん (2001年)

バーバー吉野 (2003年)

恋は五・七・五! (2005年)

かもめ食堂 (2006年)

めがね (2007年)

トイレット(2010年)

レンタネコ(2012年)

彼らが本気で編むときは、(2017年)[5]

引用:wiki

 

 

最近仕事に追われてばっかで映画とかDVDすら観る時間が無かったので

この機会に一つでも観てみようかと思います!

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

事実婚だというのがビックリしたのですが、

上手くいっているならいいのかなぁ?

結婚してない僕が言うのもなんですが・・・。

 

これからも多くの映画を撮っていくと思うので、

その辺を楽しみにしていきたいと思います!

♪こちらの記事も読まれています♪