fd400590

みなさんはトマト好きですか?

突然すいません(笑)

7月の旬野菜にトマトがあるんですが、そのトマトで紫外線が予防できるなら毎日でも食べたいと思いませんか?

肌に良いとされるビタミンA、C、Eを多く含む野菜って、紫外線の強い時期が旬なんですよ!

紫外線は5月の初めから強くなり、10月に入ってやっと落ち着くんですが、

油断してたら普通に日焼けしてしまいます。

で、日傘をさしたり日陰に隠れても紫外線って50%くらいしか防げないんです。

一番の対策は日差しが強い午前10時~午後2時の間の外出を避ける!

なんですが、無理ですよね。

帽子や日焼け止めクリームも必需品なんですが、食事で日焼けに効果があるものを紹介していこうと思います!

トマトは食べる日焼け止め!?!?

リコピンって聞いたことありますよね?

トマトの赤い色素リコピンには、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用が認められているんです!

そのリコピンが、活性酸素の消去、脂肪蓄積をケアする働きや、アルコール分解をサポートする働きなどがあります。

紫外線とリコピン

紫外線を浴びると肌の表面で炎症などが発生します。

そして、肌内部ではシミの元になるメラニン色素が大量に作られます。

リコピンはこの紫外線ダメージ全てに有効な働きがあることが確認されているんですよ。

紫外線によって出来た赤みの軽減や表皮のごわつきも抑制、シミの元になるメラニン色素の量も減るなど、日焼け止めを塗ったときのような効果があるんです!

リコピンを上手い具合に摂取するには?

日々のなかでリコピンを上手く摂取するにはどうしたらいいでしょう?

 

正解は・・・・・

 

朝トマトです!!

なぜ朝トマトなのかというと、

朝は、代謝や消化吸収といった体の活動が活発になる時間で、朝の時間にトマトを食べることで速やかに体内にリコピンを取り入れることができるんです。

「朝はバタバタしてて時間がない!」

という人は手軽なトマトジュースがオススメです!

夜トマトも良いですよ!!

夜に吸収したリコピンは6時間~8時間をかけて肌細胞に到達します。

なので、夜トマトで翌日の紫外線対策も出来ちゃうんですね!

さらに、トマトに含まれているビタミンやミネラルは、あなたが寝ている間に成長ホルモンをサポートしてくれるので、美肌を作ることにも期待がもてます。

まとめ

大切なのは毎日コツコツ摂取すること!

リコピンは体内に蓄積できる量が一人一人違います。

たくさん摂取して蓄えておくこともできません。

だから、上記で紹介した「朝トマト」と「夜トマト」などをタイミングと摂り方を工夫して、毎日摂るようにしましょう!

トマトを制する者美肌を制す!

です(笑)